Google Adsense


あし@

無料ブログはココログ

2013年9月21日 (土)

脳とストレスの関係

こんにちわ。

ariosuヒーリングセンターのありおすです。

先日某有名化粧品会社の勉強会に参加していました。

その時に皮膚と脳の関係の話を聞きました。

脳の半分は皮膚と繋がっているのですがその繋がる橋渡し役が自律神経なんだそうです。

特に間脳にストレスを受けると睡眠の質が悪くなったり、ホルモンのバランスや自律神経に影響がでてその結果皮膚のトラブルにもつながるそうです。

脳を休めるようにする事が大切と言う話をされていました。

そちらの化粧品会社では、脳を休めるのに顔のエステを行うようです。

ただ、人によっては顔のエステをする事が出来ないくらいひどい人もいるそうなので、

その辺りは、ちゃんと検査をしてからできるかどうかを教えて頂けるそうですよ。

話を戻して、

私はこの話を聞いた時に、すぐにマトリックスマインドヒーリングの事を思い出しました。

マトリックスマインドヒーリングでは、海馬体、松果体、間脳の3か所の脳をヒーリングしていきます。

松果体、間脳は、両方とも睡眠や生体リズムの働きに関係あるのでここをヒーリングしていると脳がどの位疲れているのか?

睡眠の質がどうなのかがわかります。

ヒーリングが終わった後には脳がとてもリラックスしていて、それに伴い体も力が抜けた状態になります。

このヒーリングを受けると処理能力がアップするのですが、その前に脳を休める事ができます。

脳は疲れを自覚できないそうなので、積極的に脳を癒すヒーリングを受けられるといいかもしれません。

これからは、積極的に脳を癒す時間を持つことも大切です。

脳を休めるマトリックスマインドヒーリングは遠隔、対面で行っています。

ご希望の方は、こちらから

2012年8月20日 (月)

更年期の対処の仕方

ariosuヒーリングセンターin静岡のありおすです。

女性は45歳位から55歳位の間にかけて更年期になる方が増えてきます。

人によっては、30代からなる人もいますが、これは、誰にでも起こる自然現象です。

40歳を過ぎると年々ガタっと歳を取ったな~と感じますが、それが急激に変化をしだすのが46~47歳位のように感じます。

更年期の症状はいろいろありますが、肩こり、不安、めまい、不眠、のぼせ、ほてり、発汗、呼吸困難、うつ、冷え性、生理の周期の乱れ等があるそうです。

ホルモンのバランスが乱れる事で自律神経に影響を与え、様々な症状がでます。

人によってこの組み合わせは違いますが、女性の方でしたら通らないとならない関門なので年齢的に更年期の時代に入っている方は、疑ってみる事も大切です。

更年期かも知れないと思ったらどこに行けばいいでしょうか?

産婦人科に行ってホルモンの量を見てもらうと更年期かどうかわかるそうです。

子供を生んだ事のある女性でしたら、産後、更年期に似た症状が出て経験をしていますが、そうでない女性の方ですと、40代半ばになって突然襲ってくるこれらの症状に何が起こっているのか現状を把握するまでに時間がかかるかと思います。

私も子供を産んだことが無いので、更年期と言うのがどのようなものか体験するまでわかりませんでした。

又、子供を産んだ事のある方でも大きな不安を感じるとそれが引き金で更年期の症状が出始める人もいます。

ストレスからきているホルモンの乱れでは無く、自然現象で起こるホルモンの乱れは、

物理療法が向いています。

例えば、ヨガやハーブティーを飲む、エッセンシャルオイルで香りを焚く。

勿論、それにストレスが絡んでいる場合は、ヒーリングや瞑想も向きます。

特にヒーリングでは、レイキやカルナレイキ、セキムセイキームレイキが落ち着きます。

レイキを受講されて長い方の場合は、カルナレイキや、セイキムレイキ等の上級レイキの方がいいかもしれません。

更年期を乗り越えるのに良いといわれているハーブティーは、

セントジョーンズワート(なんとなく憂鬱と言う気持ちをすっきりさせてくれるそうです)

カモミール(精神を安定させる。胃の状態を楽にするのを促進)

チェストツリー(ホルモンの乱れを正常に近づける)

パッションフラワー(不眠を眠れるように近づける)

セージ(ほてりを正常に近づける)

物理療法とヒーリング。両方組み合わせて上手に乗り越えたいものです。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31