Google Adsense


あし@

無料ブログはココログ

« クンダリーニレイキ1~3の伝授の感想 | トップページ | セラフィムのアチューメント »

2011年8月16日 (火)

ライタリアンレイキTMについて

A&Hリラックスのありおすです。

私の大好きなエネルギー伝授にライタリアン研究所の伝授があります。

ライタリアンレイキTM・

ライタリアン・レイ&ソースレイTM

エンジェルリンクTMの3つの

内のどれかは受けられた事があるという人も多いのではないでしょうか?

最近新しいエネルギー伝授ができたそうなので、機会があったら受けてみたいと思います。

ここからは、私の経験に基づいての見解です。

(参考までにライタリアンレイキTMは2005年、エンジェルリンクTMは2006年、ライタリアンレイTMは2009年に受講しました)

ライタリアンレイTMは内面の男性性の再統合、対になるのはエンジェルリンクTMです。

ライタリアンレイキTMは、それらとは又別の観点で、

光を扱う事をマスターする伝授。

エネルギー伝授には、リンク系の伝授とヒーリング系の伝授があり

自動調整と手動調整のものがあります。

ヒーリング系は、殆どが手動調整で代表的なものはレイキのように思います。

毎日自己ヒーリングをする事によって少しずつ浄化され、癒されていきます。

それに対して再統合系は自動調整のものが多いような機がします。

それは、伝授を受ける事自体がメインであって、日々は一日一度意識をして繋がる

位です。

ライタリアンレイキは、どちらになるかと言うと後者になります。

ですので何もしなくて自動調整なので勝手に行ってくれますが

自動長調整のレイキに慣れている人ですと

手持ちぶたさになる事もあります。

私もその一人でした。

テキストをよく読むと、誘導瞑想を自分で作ってやるといいということが書かれています。

これは、クライアントに対して書かれているものですが、

先ずは自分自身に行う。

これがエネルギー伝授系の基本です。

ライタリアンレイキは、人に行ってあげるというより

自分自身が光について学ぶ事をマスターするエネルギー伝授だと私は解釈しています。

一ヶ月間の統合期間がありますが、

この間にどの位ライタリアンレイキの誘導瞑想を自分に行えるか・・・

マスターするというのは、自分で工夫をする事だと思います。

そうする事によって、1&2と3,3と4,4と5&6のエネルギーの違いがはっきりとわかります。

5&6の伝授が終了してからは、誘導瞑想のやり方も変わります。

ヒーリングチェンバー(癒しの間)がしっかりと自分のオーラ層にできます。

その状態になってから人にヒーリングをされるとよりいいかなと思います。

一時、このヒーリングを人に行っていた時がありましたが、

自分だけでは体験できない体験をした覚えがあります。

プロセスの期間は自分で工夫して楽しむもの。

ライタリアンレイキを習う人でしたら、既にレイキやカルナレイキは終了されていると思いますので

もう初心者では無いと思います。

ライトワーカーとして高次元の存在がサポートをしてくれます。

高次元の存在は、努力している人や目標に向かって頑張っている人にサポートを惜しみません。

どんなエネルギーなのかをプロセスの間、自分なりに工夫して味わってみるのも

いいかもしれません。

これから習われる方がいましたら参考にしてみてください。

« クンダリーニレイキ1~3の伝授の感想 | トップページ | セラフィムのアチューメント »

各種発展系レイキアチューメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31