Google Adsense


あし@

無料ブログはココログ

« 自然界の精霊さん達 | トップページ | 大天使さん »

2009年10月26日 (月)

ヒーリングと伝授の違い

今日は、ヒーリングと伝授の違いについてのお話。

「ヒーリングをします」と言った場合、

する側の人が既に回線を開いてあるヒーリングエネルギーに対して

自分や相手にヒーリング(エネルギーを流す)をする事ができます。

それに対して、

「伝授をします。」と言った場合、

この時の伝授はやり方を教えると言うのもそうですが、エネルギー伝授の場合は、

そのヒーリングエネルギーがその人も扱えるように回線を開く事を指します。

ですので、ヒーリングでは、その方を媒体としてエネルギーが流れてくるのに対して、

伝授では、自分が直接扱えるようになりますので自分でヒーリングができるようになります。

たまに自分でその回線を見つける事が出来る人がいます。

私もありがたい事にそのうちの一人なのですが、

その時は、そのエネルギーを扱っている高次元の存在が直接伝授をしてくれています。

ヒーリングエネルギーはヒーリングエネルギーの種類にもよりますが、

1日しかもたないもの、2日もつもの、2週間近くもつものと分かれます。

2週間近く持つ物は、ヒーリングを受けた日をピークとして徐々に消耗していきます。

その間に浄化や癒しがされます。

伝授は回線を開くことであり、

その後にそのヒーリングエネルギーを使って自分を少しずつクリアにしていく事が

大切になります。

中にはライタリアンレイのように、

伝授がメインという伝授もありますが、

それ以外は、地道に自己ヒーリングをする事によって徐々に浄化や癒しがおきます。

サポート系の伝授は、

ヒーリングエネルギーでは無いので必要な時に、その存在を呼ぶ事で繋がりを深くすると言うのがメインになります。

そういう意味ではレイキは凄くよく出来たシステムだな~と今更ながら改めて思います。

レイキはファーストで、回線を開くためのお掃除と回線を開きます。

セカンドで、初めてレイキのエネルギーの4つの内のヒーリングエネルギー3種類を

伝授してもらい、扱えるようになります。

そして、サードで、今度はサポートエネルギーの伝授になります。

ヒーリングや伝授はおくが深いので、まだまだ探求している最中です。

言葉では表現できませんが、ヒーリングや伝授の本質は徐々にわかりつつあります。

ありがたい事です。

にほんブログ村 健康ブログ レイキへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

« 自然界の精霊さん達 | トップページ | 大天使さん »

スピリチュアル関係」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31